ととりBLOG - 朝鮮高校無償化ネット愛知

ととりBLOG - 朝鮮高校無償化ネット愛知

朝鮮高校にも差別なく高校無償化を求めるネットワーク愛知

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

公式ホームページオープン!

朝鮮高校無償化ネットの公式ホームページをオープンしました。
是非ごらんください。

http://mushouka.aichi.jp/

今後、公式HPを通じて、裁判情報、無償化ネット愛知の活動報告を行ってまいります。
また、朝鮮高校の無償化除外排除問題についての資料庫も充実させていきますので、よろしくお願いします。

トップページの学生さんたちの写真は、愛知朝鮮中高級学校にご提供いただきました。
おかげさまで素敵なサイトになりました。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/14(金) 20:12:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2回口頭弁論期日の傍聴と報告集会への参加の呼びかけ


第2回口頭弁論期日 7月18日(木)14時〜@名古屋地裁

傍聴希望者多数の場合抽選です。
13時半までに地裁玄関前あたりにお集まりください。

報告集会 15時半ころ〜@アイリス愛知
傍聴できない方も、報告集会にぜひ参加してください!

また、前回は、抽選に漏れた方々が多数いらっしゃいました。
第2回からは、傍聴できなかった方々のために、無償化ネット愛知で、リレートークなどの企画を考案中です。

  1. 2013/06/01(土) 20:39:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛知朝鮮中高級学校 公開授業のお知らせ

愛知朝鮮中高級学校では6月29日(土)に対外向けの公開授業を行います。
ネットワーク愛知もこの行事に関わることになりました。
みなさま,一度,是非,学校に足を運んで,生徒たちの姿をみてください。
生徒たちは「一度学校に来て欲しい。そうすればきっと自分たちのことがわかってもらえる」と言います。
そんな生徒たちの思いを共有して以下のようなプログラムを考えています。

1限目 9:00−9:45

2限目 9:55−10:40

11時頃から 生徒たちによる文化講演および無償化裁判に関する説明,支援のお願い

12時頃から 交流会
オモニ会(朝鮮学校の母親会)の方たちの協力を得て,簡単なお食事を用意します。

会費500円

ご希望の方はykaori@ja2.so-net.ne.jpにご連絡ください。

当日は、無償化ネット愛知の有志が、初めて朝鮮学校を訪れる方のために、朝鮮語で行われる授業内容を説明する案内役をつとめます。
お一人でも、ふるってご参加下さい。
  1. 2013/05/14(火) 20:28:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第1回口頭弁論の朝鮮新報の記事

第1回口頭弁論と報告会について「朝鮮新報」の記事です。
HPは会員制なので記事をはりつけます。

愛知国賠訴訟、第1回口頭弁論

「尊厳守るための裁判」

朝鮮学校が「高校無償化」制度から除外されたことへの慰謝料を求めて、愛知朝鮮中高級学校の生徒(当時)、卒業生らが日本国を相手取って起こした裁判の第1回口頭弁論が16日、名古屋地方裁判所で行われた。

口頭弁論では、原告代理人の弁護士と原告ら2人がそれぞれ意見陳述を行った。また原告側弁護士が訴状の要点を述べた。原告による意見陳述は、身辺安全を考慮し、傍聴席から姿が見えないようパーテーションの囲いを立てた状態で行われた。

口頭弁論の後開かれた報告集会で発言する弁護団メンバーと愛知中高関係者ら



意見陳述を行った弁護団の内河惠一団長は、原告たちにとっての朝鮮学校の必要性と「無償化」制度施行以降、政治外交上の問題を理由に日本政府が行ってきた差別的対応について言及。国のこうした政治的対処が「日本国憲法によって保障されている基本的人権の侵害であり違憲である」としながら「その救済を司法の判断に求めざるをえなくなった」と指摘した。

報告集会には、100余人が参加した

また、裁判所に向け、▼世論や政治動向に左右されることなく公正な判断を下すこと、▼政治的理由から差別されてきた朝鮮学校生徒たちの心情を鑑みること、▼過剰な「北朝鮮バッシング」により無意識に植えつけられた社会的雰囲気に留意すること、▼日本による朝鮮植民地支配と第2次世界大戦により在日朝鮮人が生まれた歴史的経緯を理解することなどを求めた。

最後に、「朝鮮学校生徒たちは将来、日朝友好の力強い架け橋となり国際平和のために有為な人材になることを確信している」としながら陳述を結んだ。

一方、原告らはそれぞれ朝鮮学校に対する思いを自らの言葉で述べた。

男性の原告は、「朝鮮学校は同じ境遇に置かれている仲間と出会わせてくれた場所」であり「日本社会で唯一、自分の民族、祖国に触れ、民族の文化を学べる場所」と強調。「無償化」問題浮上から原告として名乗りを挙げた経緯についても言及しながら、「(『無償化』が実現されずに卒業したことで)差別とのたたかいを後輩たちに引き継がせてしまったことに胸が痛んだ。朝鮮学校の卒業生たちが差別なき社会で堂々と胸を張って生きていける社会を作っていきたい」と述べた。

女性の原告は、「ウリハッキョが自分の居場所」としながら、「常に差別される環境がつきまとう日本でも朝鮮人としての自分を見失うことなく、自分の民族に誇りを持ってこられたのもウリハッキョがあったらだ」と強調した。さらに、「高校無償化」制度から朝鮮学校を除外した日本政府に憤りをあらわにしながら、「在日朝鮮人の子どもたちの人権が侵害されたままの状態は絶対に容認できない。日本政府が差別を認め過ちを正すまで声をあげ続ける」と述べた。

原告の発言中、法廷内に設置されたテレビモニターには、生徒たちの学校生活と「高校無償化」問題浮上以降に行ってきた様々な要請活動などをまとめた写真が映し出された。

口頭弁論ではまた、弁護団の矢崎暁子弁護士が訴状の要旨について述べた。

矢崎弁護士は、在日朝鮮人および民族教育発生の歴史的経緯と共に制度除外の違法性について言及。原告をはじめとする朝鮮学校生徒たちにとって本訴訟が、単なる金銭的要求ではなく、朝鮮人としての誇りと尊厳を守るためのものであることを強調した。

一方この日、名古屋地裁前には、裁判を傍聴するために早くから多くの保護者、同胞、関係者、日本市民ら200余人が詰め掛けた。

傍聴を希望して列を作る愛知中高の保護者、同胞、関係者と日本市民ら

「無償化」問題が浮上した当時、愛知中高のオモニ会会長を務めた許玉禮さん(51)は「原告となった子どもたちとその保護者の気持ちを考えると胸が痛い。私の子どもたちはすでに朝高を卒業したけれど、朝鮮学校の存在を認めさせ、明るい未来を築くための裁判だと想って今後も経過を見守って行きたい」と話した。

口頭弁論の後、傍聴ができなかった同胞、日本市民たちを対象に、近隣のホテルで報告集会が行われた。裁判の内容報告と質疑応答が行われたほか、内河団長をはじめとする弁護団メンバー、愛知中高の呉柄佑校長、参加者らが発言した。また、次回、次々回の裁判日程が確認され、継続的な支援が呼びかけられた。

第2回口頭弁論は7月18日14時から、第3回口頭弁論は9月24日14時からを予定している。

(周未來)
  1. 2013/04/18(木) 20:30:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第1回口頭弁論&報告集会

4/16、第一回口頭弁論のご報告です
傍聴券を求めて200名近い方が並んでくださいました。
傍聴席は八一席。
途中交代も含めて,多くの方傍聴席をいっぱいにしてくれました。
 
裁判は、14時開始。

内河弁護団長の意見陳述。
裁判官へのお願いという形で三点。
(1)報道や社会環境に影響を受けずに法と憲法にのっとって判決を
(2)原告の子どもたちの立場にたって考えてみてほしい。自分の力ではどうしようもない政治状況の影響をうけて,差別をうけているということ
(3)今の日本の状況(朝鮮バッシング)のあり方を一度疑問視してほしい。

そして,続いて原告二人の陳述。
映像をまじえて,自分たちの心情を堂々と切々と語ってくれました。
 
その後,矢崎弁護士からの要旨陳述。

被告である国は「棄却」を求めていますが,具体的な反論はまだ出ていません。
ただ,学生の陳述を判決の材料には使わないでほしいと言ったそうです。(国側も心動いた?)
裁判官は「弁論に準じるものして扱う」

その後,場所を移して,アイリス愛知水仙の間にて,報告集会。
100名近い人が集まり,裁判の報告を受けました。

終了後,元中高の先生という大先輩に感想を聞きました。
「僕の孫が5人ウリハッキョにお世話になっている。
 だから,応援しなくっちゃっと思ってはじめて傍聴したよ。
 弁護士が言っていた通り,すがすがしい気持ちになった」とのこと。

また,傍聴を終えて出てきた日本人の方
「いや,認識したよ。僕も今の報道や社会環境に影響を受けている。
 教育と政治は別ーーと思いながらも割り切れない僕がいたのを認める。
 頭洗ってもらったかんじ」

 次回は7月18日(木)14時〜の予定です。
 引き続き,応援をお願いします。
 まだまだスタートについたばかりです。
  1. 2013/04/16(火) 20:37:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。